社労士試験合格後をうまく切り抜けたいあなたへ

社労士の合格率が示す合格へのヒント

社労士は、試験の合格後も手続きに手間暇はかかりますし、社労士として一流になる努力も必要で、合格後もたいへんですが、それでも社労士は成功のチャンスがたくさん転がっている素敵な資格です。
早く社労士になってしまったほうが正解ですが、社労士の試験を攻略するには合格率をじっくり観察して戦略をつかんだほうがうまくいきます
社労士の合格率を見ていくうちに、どう勉強すれば合格が近付くのか、わかってくるからです。

社労士の合格率がこの数年、どんなふうに推移しているのか表に書いてみました。

社労士の合格率推移
年度 受験者数 合格者数 合格率
平成19(2007)年 45,221人 4,801人 10.6%
平成20(2008)年 47,568人 3,574人 7.5%
平成21(2009)年 52,983人 4,019人 7.9%
平成22(2010)年 55,445人 4,790人 8.6%
平成23(2011)年 53,392人 3,845人 7.2%
平成24(2012)年 51,960人 3,650人 7.0%
平成25(2013)年 49,292人 2,666人 5.4%
平成26(2014)年 44,546人 4,156人 9.3%
平成27(2015)年 40,712人 1,051人 2.6%

社労士の合格率は、とにかく低いですね。その低い合格率を確実に突破する方法を理論的に考え出してから受験の準備にとりかかることが必須となります。

まず社労士の合格率の遷移を見ると、社労士の合格率と合格者数は、かなり一定していて変化がないことがわかります。
これは毎年試験問題が難しいことが第一の理由ですが、ただ難しいだけならもう少し数字の変化があるのが普通ですね。

つまり、合格者数と合格率は、意図的に調整されています。
ひたすら難しくするのではなく、一定のレベルで落ち着くように計算されているのです
毎年の合格者の人数を調節することは、社会に出ていく社労士の人数を管理して、過不足を防ぐ上でも大事ですから。平成26年は例年よりも若干合格率が高かったのですが、その反動もあってか27年だけは一気に下がっています。とはいえ、これもたまたま非常に低かっただけで、また通常の水準に戻ると予想されます。

というわけで、社労士の合格率はかなり低いですが、合格者が激減しないように、配慮されています。試験問題を2年分以上見るとわかるのですが、重複している試験範囲や似通っている試験問題もけっこう目につきます。
つまり、社労士の試験は、去年までの問題をよく研究してきた受験者は受かるチャンスが増大します
社労士の合格率が教えてくれるのは、過去の試験問題の研究をしろ、ということですね。


>> 現在最も最短で合格できる社会保険労務士の通信教育って?