社労士試験合格後をうまく切り抜けたいあなたへ

社労士合格後の開業は、むしろ今こそチャンスに

社労士は、試験合格後にいわゆる「ビッグな成功をしたい」と思うなら、開業をやはり目指したほうがいいでしょう。
社労士合格後に開業をすると、「安定している収入源を手に入れられる」「しかし同時に、一般の会社員では望めないような収入も手に入れられる」というチャンスが(次に述べるように)あります

社労士は、他の「士業」と違って、顧客との間に顧問契約を結びます。通常の士業では1回1回の仕事の依頼を受けることが原則となります。このような依頼の受け方はもちろん社労士もできるのですが、それだけではありません。
開業をすると社労士は、特に「いつまでで終わり」という定めがない「顧問契約」を交わして、毎月決まった顧問料を受け取ることができるのです。
社労士の顧問料は、その企業の従業員数等で決まることが多いのですが、創業したばかりの零細企業で人数が数名しかいないクライアントからでも、月に4~5万円は受け取れることが普通です。

不況ではあっても、全国的に新しくつくられる企業がなくなることはありません。
そして、正社員等を雇う場合は今では、企業は社会保険を加入させないといけない時代です(少し前までと違って、今では労働基準監督署も厳しくなっています)。
社労士の出番はどうしても多いのです。

合格後に開業をする社労士は、そうした企業を中心に顧問先を獲得していくことが成功への王道といえます。
最初のうちは顧問先の獲得もたいへんですが、前のページで書いたような方法を使うことで、収入をつないでいくことも今だったらとてもたやすいですし、焦って顧問先を一度に獲得しようとすることもありません。

もちろん社労士にも競争はあります。すでに、人事・総務・経理等のアウトソーシング会社が増えている時代で、社労士の領域と重なる事業をやっている企業も増えています(勤務型を目指す人にとっては、就職先の候補でもありますが)。

しかし、社会保険制度が激しく変わっている現在はまだ、社労士の出番は企業レベルでも市民レベルでも自治体レベルでもひっきりなしに出てきます
合格後に開業をしたいまどきの社労士は、いったん成功への糸口をつかめば、きちんとした経営目標を立ててやっていくことで安定していてしかも高い収入を確保していくことはできるものです。

とにかく社労士は、今が狙い目の資格ですね。当分の間社労士にとって追い風の状況は変わりませんが、意外なほど早く物事が変わる時代でもありますし、社労士になって開業をするには、早いに越したことはありません
合格後に夢があふれている開業型社労士の資格、興味を持ったばかりの人たちや勉強中の人たちは早く合格してしまうべきです。どうすれば早く合格できるかは、以降のページで書いていきます。


>> 現在最も最短で合格できる社会保険労務士の通信教育って?