社労士試験合格後をうまく切り抜けたいあなたへ

社労士合格後の年収の真実の姿は?

社労士の試験合格後は、果たしてどれくらいの年収をもらう身分になれるでしょうか? 
「上ばかりを見てもしょうがない」なんて意見はつきものですが、それでも「合格後数年で、前職より年収を何百万円も増やせる可能性は低くない」それが社労士の現状の一面です。

社労士は格差がある資格だといわれていて、「ぜんぜん稼げない人たちもいる」なんてよくいわれています(それは確かに真実です)が、かなり若い、まだ20~30代前半の社労士でも、年収を同年代の会社員より何割も高くすることができるチャンスもまた、確実にあります。
平均すると、社労士の年収は500~800万円くらいに落ち着いてしまうのですが、それは実際にはあまり仕事をしていない人たちも入っているからです。

それはどうしてでしょうか? 
社労士の年収のアンケートは随時調査されているようですが、これは正直な話、あまり精度が高い調査ができているとはいえません。
各地の社労士連合会等に所属している人たちに限っても、「その他」で登録していて、社労士として仕事をまだしていないような人たちも含まれています。

また、「勤務型」の場合は、原則として勤務先の給与体系に支配されますから、平均的な会社員の年収とあまり差がつかないことは確かにけっこうあります(資格手当等が出ることは多く、平均よりいくぶん上になることが多いでしょうか)。
そして、開業型の場合は、まだ自分の事務所を持っていなくて他人の事務所に勤めている場合も多いですし(この働き方は、しばらくの間はあまり高くない年収で我慢して修行をすることになります。ただし時期が来たら有利に自分の事務所を持てますね)、あるいは個人事務所をつくって経営に失敗する例も確かにあります。

ところで年収を想像する前に、社労士試験合格後にこの「事務所をつくって失敗」のパターンを
敬遠する人たちが多いのではないでしょうか? 
確かに、今では弁護士や司法書士ですら事務所を開いても顧客や依頼の獲得がままならなくて失敗することが増えている時代です。

しかし、社労士の場合、失敗を防ぎやすい条件が現在、備わっています。
開業をすると社労士は、試験合格後数年で年収が500万円以上に上昇するチャンスがおおいにありますし(さすがに1~2年間は食べていくのがやっとくらいになることを覚悟する必要はありますが)、
10年以内で1000万円に達してしまうチャンスだって今はあります
社労士は今まさに、合格後の年収が飛躍するチャンスが転がっている資格です。
次のページ以降でさらに詳しく述べたいと思います。


>> 現在最も最短で合格できる社会保険労務士の通信教育って?