社労士試験合格後をうまく切り抜けたいあなたへ

社労士の合格後の費用は、これくらいは見ておきましょう

社労士の試験合格後は、手続きと費用の準備をして「全国社会保険労務士連合会」から正真正銘の社労士だというお墨付きを受けることになります。
この、合格後の費用がわりと(残念ながら)馬鹿にはなりません、特に社労士の実務経験がない大半の受験者にはなおさらです(それもあるので、その費用を早く取り返せるよう仕事のやっていき方についてもこのサイトでは説明しますが)。

まず、別のページでも述べた、2年以上の実務経験がない合格者が受けなければならない研修(事務指定講習)では、約7万円払うものと思ってください。
面接指導過程のときは数日間出向かないといけませんから、交通費や宿泊費も上乗せされることになります。

そして、全国社会保険労務士連合会への手続きのときには、「登録手数料」と「登録免許税」がかかります。
登録手数料は3万円、登録免許税は2~3万円です。
次に、この組織への入会金もかかりますが、開業型の場合は5~8万円、勤務型やその他の登録を選ぶ場合は3~5万円かかります。
※金額は微妙に変わることがあるので、どこかで聞いた数字が「間違いない」と思うことは避けて、「多少変動する可能性もある」と思ってください。

しかし、社労士合格後にかかる費用はこれだけで終わりでもありません。
社労士は、都道府県単位で所属するシステムになっているため、自分の所在地(開業場所や、勤務先や自宅等を知らせるわけですが)がある都道府県ごとの社労士会にも払う費用があります。
具体的には、年会費や支部会費ですが、これは都道府県ごとで少しずつ変わります
年会費も支部会費毎年数万円程度ですが、合わせると1年で10万円を超えることもあります(なお、この費用の額も、開業型で登録するかそれ以外で登録するかで変わります。
開業型のほうがやはり数万円高くつく傾向がありますね)。

ほとんどの社労士試験合格者は、合格後に研修を受けますから、結局登録をすると全費用はかなりの数字になることは否定できません。実務経験がないなら、社労士試験合格後の費用は総額で、20万円を超えるくらいはかかるものとみておいたほうがいいでしょう。

難しい社労士の試験に受かるまでにかかる費用もかなりありますから、これから社労士を受けようかと思ったばかりの人たちは、こんなに費用がかかるのかと思うとモチベーションも失せてしまうでしょうか? 

しかし、過剰に案ずることもありません。社労士は、合格後に(他の資格と比べても)お金を稼げるチャンスがじゅうぶんにある資格ですから、社労士合格までの費用プラス合格後の費用がかさんでも、それを取り返せる望みが高いからです。
次のページ以降も最後までよく読んで、稼げる社労士になっていきましょう。


>> 現在最も最短で合格できる社会保険労務士の通信教育って?