社労士試験合格後をうまく切り抜けたいあなたへ

社労士の試験合格後の登録は要熟考です

社労士の試験に合格後は、社労士を管轄する組織である「全国社会保険労務士連合会」に登録
済ませないと、一人前の社労士とはいえません(仕事をすることはできません)。
試験に受かったばかりの人でも、前のページで述べた研修を終わらせれば社労士の登録をすることができますが、合格後にどんな社労士になるのかを、試験に受かってから決めるよりも、なるべくもっと前から思い描いておいたほうが賢明です。
それはなぜでしょうか? 

試験合格後は、「全国社会保険労務士連合会」で手続きをすればいいのですが社労士の登録には
区分があります。

開業型

「開業型」は、原則として個人で社労士として事務所をつくります。
勤務型の社労士を内部に雇用する規模ではないような中小企業等の代表者を主たる顧客につかまえて仕事をしていく場合はこの開業型の社労士として、試験合格後に登録をする必要があります。

なお、いわゆる「社会保険労務士法人」のような、現役の開業型社労士の事務所に雇われて一人前の社労士として仕事をする場合(庶務等の場合は別ですが)、この開業型の登録をすることになります。

勤務型

法律関係の資格、それも「士業」では珍しいことですが、社労士の世界では「勤務型」という
区分があります。
「勤務型」は、企業に就職してその中で、社労士の知識を活かせる業務に従事することを
前提として制定された区分ですね。

金融や保険会社が多いという意見もありますが、どこの企業でも、従業員の労務を管理することはとても大事ですから、一定以上の人数を抱える企業だったらどんな業種でも勤務型社労士の出番は発生します。

その他

そして、「その他」があります(ほとんど語られる機会もないようですが)。
事務所をつくったり、または入ったりして働くのではなく、会社で社労士の仕事をするのでもない場合です。

ちなみに、勤務型の社労士の場合は勤務先の企業を登録のときに届け出ますが、開業型でも勤務型でもない登録のときは、自宅を届け出ることになります。
社労士の仕事をしないのに登録をすることは無意味に思えるかもしれませんが、会員としての権利を行使できるといったメリットならあります。
ただし、社労士試験合格後の疲れている頃に、決して安くはない登録の費用(次のページで説明しますが)を捻出してまでその他の登録をする意味があるかどうかはよく吟味したほうがいいでしょう。

社労士試験合格後にはじめてどの登録をするのか考えはじめる人たちも毎年います。
しかし、そのときになってから迷うよりも、あらかじめヴィジョンを持っていたほうがいいでしょう(のちのページで述べますが、成功する社労士になる意味でもそのほうが話が早いからです)。


>> 現在最も最短で合格できる社会保険労務士の通信教育って?