社労士試験合格後をうまく切り抜けたいあなたへ

社労士で開業したときに、ないといけない品物たち

社労士合格後に開業したら、揃えないといけない品物が数種類出てきます。それは、自宅で開業するケースであっても避けられません。

机やいすといった備品をいちいちカウントしていくときりがないのですが、ここでは必要性が特に高い品を厳選してあげておきましょう。

名刺
これは必須ですね。会った人にはどんどん配っていかないといけません。
デザイン等も(奇をてらいすぎて悪趣味になることはNG)、なるべくこだわったほうがいいでしょう。

職印
他の士業と比べるとそれほどでもないようですが、社労士の開業後もやはり職印は「あって当然」。三文判ばかりでしのげることばかりではありません。 登録の日までにつくっておくに越したことはなさそうです。

電話
開業後しばらく自宅で仕事をするなら、自宅の番号で間に合わせることも可能でしょう。
しかしいつまでもそのままでいると、そのうち不都合なことが起こります。
専用の番号を設けることと、留守番電話や転送電話を取り付けて不在のときはただちに携帯電話に連絡が届くようにするべきでしょう。

PC
今は、PCは必需品でしょう。電子申請の需要も高まっていますから、業務の大部分をPCで処理したほうが合理的です。

プリンタやFAX
社労士の仕事も、デスクワークに属する部分がかなりありますし、毎日のように書類とにらめっこしないといけません。プリンタやFAXの出番も多いですし、いちいちコンビニに借りに行っていたのではおそらく埒があかないでしょう。

社労士としての公式HP
これまた、開業直後からどうしても必需品というわけではありません。しかし、今のようなご時世であれば、必要になるのは時間の問題でしょう。同業者が、かなりの割合で自身の事務所の公式HPを開いているわけです。自己だけがHPを持っていないのでは必ず乗り遅れます。
HPの開設も費用がかかりますし、大量の訪問者にリピートしてもらえるHPを手に入れるなら、10万円を大きく超える費用がかかります。最初のうちはコンパクトなHPでも致し方ないでしょうが、軌道に乗ってきたらHPには手間暇と費用をかけたほうがよいでしょう。


>> 現在最も最短で合格できる社会保険労務士の通信教育って?