社労士試験合格後をうまく切り抜けたいあなたへ

社会保険労務士の報酬体系を、サンプル付きで一部ご紹介

社会保険労務士試験合格後は、他の士業と比べて比較的収入が安定するとよくささやかれています。たとえ開業型を選んでも、そのチャンスがある理由は、「顧問契約・顧問報酬が待ち受けているから」ですね。

ところでその社会保険労務士の顧問報酬は、具体的にいくらくらいの金額なのでしょうか。
せっかくですから、ここで報酬体系を一部ご紹介しましょう。

・月々の顧問報酬
これは、その法人の従業員数によって変動するのが一般的です。
例1)
人数が10名未満だったら→毎月20000円
人数が10名以上20名未満だったら→毎月30000円
例2)
人数が5名未満だったら→毎月15000円
人数が5名以上10名未満だったら→毎月25000円

・業務ごとに個別に報酬を計算する場合
例1)
就業規則を新規作成する場合→200000円
就業規則を改定する場合→その都度相談して決定
賃金や退職金の規定→50000円
例2)
就業規則を作成する場合→顧問企業なら100000円/その他の企業なら200000円
賃金や退職金の規定→顧問企業なら30000円/その他の企業なら60000円

社会保険労務士の報酬は、各地域で連合会が目安を発表しています。
もちろんそれにぴったりと合わせる義務があるわけではありません。
開業したら、自身で報酬を細かく決定していく必要があります。

※いうまでもないことですが、報酬体系を過剰に高めに設定することはいただけません。
 そのようなことをしていると、顧客を取り逃してしまう原因になってしまいますね。

顧問契約は特に重要ですね。これが、社会保険労務士事務所の主たる収入源となります。
合格後に開業型で登録したら、どれくらいの規模の企業をどれくらい顧問先として獲得する必要があるのか? 
それは連合会に報酬の目安を教えてもらうなどしながら、注意深く決めていくことになります。


>> 現在最も最短で合格できる社会保険労務士の通信教育って?