社労士試験合格後をうまく切り抜けたいあなたへ

社会保険労務士法人への就職を希望するといったいどうなる? 

社会保険労務士合格後に、選べるキャリアは大別すると2通りですね。
・勤務型社会保険労務士
・開業型社会保険労務士


ところで、この2通りの両方の側面を備えているといえそうな(?)選択肢が最近は生まれています。それは「社会保険労務士法人への就職」ですね。

社会保険労務士法人は、いうまでもなくこの業界のベテランのつわものたちが運営しています。
法人化を行う理由は、税制上のメリットをはじめ何かと特典が見込めるからですね。

いずれにしても、ある程度の規模がないと法人化はしないでしょうし、また規模がある以上他人を雇う余裕だって出てきます。こうした法人へ就職したら、「仕事をいろいろと教えてもらえそう」「自分で経営の責任を負う必要がなさそう」といったメリットを期待できそうです。合格後でなくても、まだ受験者の段階でも、それくらいは推察できますね。

ようするに社会保険労務士法人への就職を希望する人たちは「開業型を選びたいものの、安定感がほしい」あるいは「修行をさせてほしい」といった思惑があることが多い様子です。このような事情から、勤務型と開業型の両方の趣向が感じられるゆえんでしょう。

それでは社会保険労務士法人への就職は、現実的な願望でしょうか? その答えは、「イエスと言い切るわけにはいきません」。社会保険労務士法人が求人を出すことは、集計したらそれなりの数になるかもしれません。しかし地域ごとに計算するならかなり数は限られますし、毎年の新規合格者の数と比べたら非常に少ないはずです。

社会保険労務士法人に一時的に、あるいは継続的に就職したいなら、合格後に就職活動に乗り出すよりも、合格前から準備をはじめたほうがよいかもしれません。たとえば、自分が住む地域にどれくらい法人があるのか、また求人を出しそうな法人がどれくらいあるのか調べておいたほうが無難だということです。決して簡単ではないことは、覚えておいたほうがよいでしょう。


>> 現在最も最短で合格できる社会保険労務士の通信教育って?