社労士試験合格後をうまく切り抜けたいあなたへ

特定社会保険労務士になったら

社会保険労務士に合格後に、新たな資格を目指そうとする人がけっこういますね。
「社会保険労務士だけでは食べていけるかどうか心配になるから」なんて思いからでしょう。

その考え方は的外れではありません。いわゆるダブルライセンスをうまく成功させている猛者もいますから。
とはいえ、社会保険労務士の仕事とはまた違う世界の資格ばかりに目を向ける必要はないでしょう。社会保険労務士の仕事だけでもうまく切り回せばじゅうぶんな収入が入りますし、それに社会保険労務士合格後なら誰でも目指せるような資格だってあります。それが「特定社会保険労務士」ですね! 

これは、「紛争の『代理』」等を引き受けるためにある資格です。社会保険労務士の仕事といえば、労働法と社会保険が中心ですが、前者に関する限りしばしば紛争が発生しています。つまり雇用者側と労働者のいさかいですね。

通常の社会保険労務士には、紛争をしている両者のどちらかの代理の役目を負うことは法律で認められていません。しかし以前から、これらのいさかいが日本各地で勃発しているため、特別な資格をつくる必要が生まれたのです。こうして「特定社会保険労務士」の資格が誕生しました。

特定社会保険労務士の資格は、社会保険労務士の合格後なら希望すれば目指せます。指定された講義や研修を受ける必要があるため、もう一度みっちりと勉強する覚悟や時間は必要ですが、それらの講義・研修等の終わりに実施される試験に受かれば資格を認められます。

開業型の社会保険労務士になることを想定しているなら、合格後にこの特定社会保険労務士資格を狙うことを考えるのもまた一興ですね。引き受けることができる仕事に、一気に幅が生まれますから。


>> 現在最も最短で合格できる社会保険労務士の通信教育って?