社労士試験合格後をうまく切り抜けたいあなたへ

社労士合格に学校はどれくらい使えるのか?

社労士の合格を目指すには、独学では難しいことは前のページで書いたとおりですが、自分ひとりでは勉強しないと決まったら大方の人たちが思い浮かべるのは社労士の学校に入ることでしょう。ただし、社労士の学校に入ることは、すべての素人受験者にとって最良の手段になるわけではありません
結論から書くなら、社労士の通信講座>>>社労士の学校>>>>>>>独学、でしょうか。

社労士の学校には次のようなメリットがあります(そういえば、学校に通うことが性にあっているタイプもいますね)。

学習環境が整った教室で受講できる
「教室に入ると、自室にいるときよりも集中できる」という人には向いています。
それに、一緒に勉強する仲間をつくりたいという人にもとても向いているでしょう。
プロの先生に、最新の機材や教材の下で勉強していけます。
先生に直接質問できる
講義終了後に先生をつかまえて質問をすることもできますし、社労士の学校のスタッフにはいろいろな相談事もできます
自習室や模擬試験等のサービスがある
自習室は大手の学校ならたいがい用意されています。
そして模擬試験は絶対に受けたほうがいいでしょう。
デメリットとしては次のようになります。
学校に通い続けることが、忙しいのが当たり前の現代人にはつらい
社労士の学校のほうも、休日や夜間にも開講をするような工夫、または先生の講義のビデオを翌日以降に大教室や個人ブースで流してくれるような工夫をしてくれることが多くなりました。
それでもかなりの出席率を守って試験直前まで通い通すことは困難なものです。
時間的な都合のほか、地理的な都合も出席率には大きく影響します。
講義に出ることだけが目標になってしまう例が多い
忙しい合間を縫って講義に出るだけで満足してしまう、あるいは、ただ教室に座っているだけでよく講義を聞いたりノートをとったりしていない、という失敗例は少なくありません。
また、講義中以外の時間も、自宅や自習室で進んで勉強をしないと合格は望めません
費用が高い
一流の学校で、社労士の全試験範囲を含める講座を申し込もうとすると、安くても15万円はかかります。20万円を超えることもあります。
「払った分のモトをとろう」と頑張れる性格ならそれもいいのですが、そこまで払ったのに結局不合格になる人や脱落する人たちも毎年大量に発生していることもまた事実です。

社労士の学校は、一部の人たちにとっては有益な面がたくさんあるのですが、その残りの人たちにとっては有益な面が少なくなってしまう可能性があるということです。
その残りの人たちにとってすすめられる手段は、次のページで書いていきます。


>> 現在最も最短で合格できる社会保険労務士の通信教育って?