社労士試験合格後をうまく切り抜けたいあなたへ

社労士に独学で合格しようとしたらどうなるか

社労士の試験に合格をするには、無駄のない勉強をすることが大切だと前ページで書きましたが、さてそのやり方がわかったところで、それをひとりでやろうとすること、つまり社労士試験合格を独学で目指すことは、うまくいくでしょうか? 
結論から書くと、社労士試験に独学でチャレンジすることは非常に失敗率が高くて、とてもすすめられることではありません

それでは、どんなふうにして社労士の独学が失敗していくのかをかいつまんでお話ししましょう。

ひとりよがりの勉強に陥ることが多い
今では市販の参考書籍も大量にありますが、独学でそれをやっていると、偏った勉強内容に(いつの間にか)なってしまうことが普通です。
バランスが取れていて、無駄のない道筋に誘導してくれるのは、社労士指導のプロだけです。
壁にぶち当たったときに誰にも頼れない
「全部を自分で解決してみせる」なんてことは、書くだけなら簡単ですが現実にはただ困難なだけです。
独学ではなくて、プロに教わっていれば、社労士の勉強をしていてわからなくなったことを一瞬にして答えてくれるものです。
教材を全部自分で集めなければならない
今では何でも簡単にショッピングできる時代ですから簡単だろうと思うかもしれませんが、教科書にしても問題集にしても何にしても、逆に量が多すぎる時代です。
それに、バラバラに買っていたのでは体系的な勉強ができません
独学ではなくてプロの先生が揃っている講座を使うなら、教材は全部揃えてくれます。
長続きする確率が低い
独学は、社労士の受験勉強がいちばん挫折しやすいのではないでしょうか。
好きな時間に好きなペースで勉強できると思うでしょうが、誰かに勉強を促されることがありませんし、難しい勉強にひとりで立ち向かっていると、つい教科書を投げ出したくなってしまうものです。

社労士の独学受験の美点といったら、書いたばかりですが時間の都合がいいことと、費用がかからないことでしょう。
しかし、毎年の合格者の中で、独学しかやっていない受験者の割合はものすごく低いといわれています。
挫折を避けて、1度の受験で受かるという効率で見下ろすと、独学の社労士受験はかなり費用対効果がよくない行為でしょう。


>> 現在最も最短で合格できる社会保険労務士の通信教育って?