社労士試験合格後をうまく切り抜けたいあなたへ

社労士に素人が合格できるような勉強の態度とは

社労士の試験で合格を果たすには、前までのページでも書きましたように、合格をめぐる試験のシステムにのっとった勉強が不可欠となりますね。
ただがむしゃらに教科書や参考書、六法全書等にかじりついていれば、絶対にそれが報われるわけではありません。むしろ、「ガリ勉」のような勉強の仕方では社労士の合格は遠のいてしまう恐れが強いですね。
次に書くような要領のよい勉強をするだけでも社労士の合格は近付いてくるものなのです。

社労士の合格、それも素人が最短距離を走れそうなコースの条件とはどんなものでしょうか?

試験に出る範囲ばかりを要領よく拾い上げて勉強する
市販の参考書籍の中にも、試験に頻出する範囲をなるべく凝縮しているものもありますが、それでも全範囲を集めるとかなりのボリュームです。
それを一からやっていたのではおそらく間に合いません。
ではどうしたらいいでしょうか?
過去の試験問題を入手してよく読み込む+やり込む
過去数年分の試験問題は、社労士合格希望者にとっては宝の山です。
試験問題を2年分でも見比べてみたら、どういうところが出やすいのかちょっとずつわかってくるものです。そして、最初のうちは(解けなくても当たり前ですね)問題文と解答と解説を(少しくらいなら)まるごと読んでしまってもかまいません。
その問題文に関する説明を教科書から探して読むと、なんとなく法律の仕組みもわかってきます。
いきなり教科書ばかりを読もうとするよりも建設的な方法です。
必要な範囲の習得と、問題演習を繰り返す
教科書や参考書、そして六法全書等は、社労士の試験科目を解くための知識の宝庫であることは事実です。
ただそればかりに夢中になっていると効率が上がらないですね。
それに肝心の試験の日にうまく問題を解いていくことができなくなります。
過去の問題をよく研究することは、試験範囲を知るほかに問題を解く練習にもなって一石二鳥です。
「必要な知識を率先して教科書から読み取ること」⇔「問題を解くことと研究すること」これを何回も繰り返さないと、社労士の合格に前進することは難しいです。
なお、問題演習は過去の問題だけではなくて予想問題集もやっておくべきです。
試験が近付いてきたら、模擬試験等を受ける
模擬試験はいろいろな学習機関が毎年開催します(模擬試験だけを受けさせてくれるところもたくさんあります)。本試験に近い環境で、制限時間内に問題を解くことは、試験への耐性を身につけることになります。
このときに、自分の苦手な部分を把握して、試験日までに徹底的に強化をすることも欠かせません。

社労士の合格をしたいなら、要領のよさを重視する態度でいっこうにかまわないのです。
そして、ここに書いた勉強法をうまくやっていくための方法については以降のページで書いていきます。


>> 現在最も最短で合格できる社会保険労務士の通信教育って?