社労士試験合格後をうまく切り抜けたいあなたへ

社労士の試験合格後の手続きと働き方がわかるページ

社労士は、試験の合格後に登録をしないと社労士と名乗ることはできません。
その社労士の合格後の手続き、そしてその後一流の社労士に成長するまでのプロセスをここでお教えしましょう。

合格後の手続きは少し面倒にも感じられますが、つらくはないですし、社労士にはそれさえ乗り切れば、(晴れて)なれてしまうわけです。
それに社労士は、受かるまではいくぶんたいへんですが、合格後はバラ色の未来へのスタートラインが待ち受けている職業でもあります。

社労士の試験合格後の手続きにはお金もかかりますが、それが、たいした出費だったとは思えなくなるくらいの収入を受け取れるチャンスだってゴロゴロ転がっています。
努力はもちろん必要ですが、社労士は試験合格後に夢の未来が待っているレアな資格といってもいいでしょう。

社労士になりたい人たちにとって、合格後はいったいどんな人生を送ることになるのかすごく興味があるはずです。
最近は、インターネットも発達していて、情報が簡単に流れ込んでくる時代になりました。
もっとも、情報の信憑性については(困ったことですが)はっきりしないことばかりですね。

今は不景気ですから、就職や転職に使えそうな資格の情報をほしがる人口も増加中で、社労士のようなちょっと難しい資格でも、思い切ってチャレンジしようかという人たちが確実に増えています。
「社労士は合格後に、事務所をオープンして華やかに活動できる」というイメージも醸成されつつあるようです。
実際にそのイメージはあながち間違いでもありません。

ただ、社労士ほどメリットがない資格についても、「合格後はパラダイス」なんて噂がよく流れているので、「本当に、社労士は合格後に食べていけるのか?」と疑問を持つ声も出てきました。
ひどくなると、「社労士なんて合格後にぜんぜん仕事が来ない」「さっぱり食べていけない」なんてデマが流れることも出てきたようです。

しかしそれもひどい間違いで、「社労士は本当に、合格後が楽しみな資格」です。
失敗する例があることは事実ですが、そればかりではありません。

このサイトでは、社労士は合格後にどんな手続きをすればいいのか、合格後にどんなことをすると成功をつかめるのか、そして、どうやったらそんなに素晴らしい社労士という資格に合格できるのか、詳しく書いていきたいと思います。


>> 現在最も最短で合格できる社会保険労務士の通信教育って?